RIKEN BRAIN SCIENCE INSTITUTE (理研BSI)

Careers  / 採用情報

御子柴克彦チーム(発生神経生物)
研究員募集採用情報に関するお問い合わせ

募集研究室

研究室の概要

当研究チームでは、細胞内のカルシウム貯蔵庫からカルシウムを放出し、細胞外シグナルを細胞内カルシウムシグナルに変換する作用を持つイノシトール3リン酸(IP3)受容体・チャネルに焦点をあて、カルシウム波やカルシウム振動などの細胞内カルシウム濃度の時空間変動パターンを生み出す非線形システムの分子機構を調べるとともに、細胞内カルシウム動態と細胞および個体の生理機能(受精、発生・分化、細胞分裂、分泌、感覚受容、記憶、運動制御、細胞死など)や様々な脳疾患(統合失調症、てんかんなど)との関係を明らかにすることを目的に研究を行っています。当研究チームでは世界に先駆けてIP3受容体の実体を明らかにして以来、以下に挙げるさまざまな研究手法を駆使し、さらに必要に応じて独自に手法の開発を行った上で研究を進めています。

  • 遺伝子工学的手法によるタンパク質の構造機能相関の解析
  • 精製タンパク質の結晶構造解析
  • 人工脂質二重膜法による単一チャネル電流計測
  • 量子ドットや全反射顕微鏡を用いた単一分子観察
  • 高感度かつ高速イメージング装置を用いた細胞局所における機能分子動態の解析
  • 蛍光共鳴エネルギー移動を利用した機能分子の動態および活性化状態の可視化技術の開発と応用
  • 初代培養細胞、脳スライス標本、および生体脳における神経細胞の電気生理学的応答および細胞内分子の動態や活性化状態の同時計測
  • ノックアウトマウスやコンディショナルノックアウトマウスの作成および解析
  • 細胞内分子ネットワークの数理モデルを用いた定量的解析
  • 新規化合物の合成と薬理作用の評価およびその応用

募集職種、募集人数、職務内容

研究員(IP3受容体の構造機能およびカルシウムシグナル等の当研究室の上記の研究概要に記載した内容で人数や募集期限に制限はもうけません。)

応募資格

博士号取得者(採用時)。分子生物学、生化学、免疫組織化学、薬理学、構造生物学、物理化学、非線形科学、工学、光学、有機合成、電気生理学、動物行動学、イメージング、システムバイオロジー、プログラミングのいずれかの手法を用いた研究経験があり、さらに新しい技術習得に積極的な方。主体性を持って取り組む熱意のある方を歓迎します。

勤務地

事業所名及び住所:国立研究開発法人理化学研究所 和光研究所(埼玉県和光市広沢2-1)

待遇

年度契約の任期制職員で、評価により5年を限度として更新可能。
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住宅手当の支給有り。社会保険の適用有り。
休日は、土日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、当研究所設立記念日。
その他、当研究所規程による。
日本学生支援機構奨学金(平成15年度までに大学院一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象、科学研究費補助金の申請資格有り。 

応募方法及び締切日

[提出書類]

  1. 履歴書(写真貼付)
  2. 研究業績一覧
  3. 自己PR文(400~800字)
  4. これまでの研究内容の概要と今後の抱負(2000字以内)
  5. 推薦書3通(現職の所属長を含む問い合わせ可能な方3名から。尚、推薦者と数については応相談)

[締切日] 特になし。

[個人情報の取り扱いについて]
※提出していただいた書類は、国立研究開発法人理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

提出書類による一次審査後、候補者の研究面接を行います(プレゼンをお願いすることもあります)。

着任時期

随時

問い合わせ先・書類送付先

〒351-0198
埼玉県和光市広沢2-1
理化学研究所 脳科学総合研究センター
御子柴克彦チーム(発生神経生物) チームリーダー
御子柴 克彦
Email: