RIKEN BRAIN SCIENCE INSTITUTE (理研BSI)



対象 高校生の方 先着60名
  • 定員に空きのある場合のみ当日参加可能です。
  • ご都合により、講演会のみ、講演会+研究室見学①のみでも参加可能です。
  • 当日は、会場にてスチールカメラ、ビデオカメラ等による撮影が行われ、ウェブ上などで公開される場合があります。あらかじめご了承の上、ご応募くださいますようお願いいたします。



スケジュール 12:30~13:00 受付(大河内ホールロビー)
13:00~13:05 開会の挨拶
田中 啓治
認知機能表現研究チーム
シニア・チームリーダー
13:10~13:50 講演「脳のリズム活動による情報処理のしくみ」
北城 圭一 理研BSI-トヨタ連携研究センター 脳リズム情報処理連携ユニット ユニットリーダー
14:10~14:40 研究室見学 ① 
15:00~15:30 研究室見学 ② 
   ~16:00 アンケート記入後解散
場所 理化学研究所 大河内記念ホール(埼玉県和光市広沢2-1)

講演:脳のリズム活動による情報処理のしくみ


北城 圭一(きたじょうけいいち)
理研BSI-トヨタ連携研究センター 脳リズム情報処理連携ユニット ユニットリーダー

 

脳の神経活動はさまざまな周波数のリズムを刻んでいます。本講演ではリズミックな神経活動がどのようなしくみで起き、脳情報処理に使われているのかについての最新の研究知見を紹介します。ヒトの脳活動を計測しながら安全に脳刺激をする手法による脳のリズム活動に関する基礎研究の成果を紹介し、さらに脳情報処理のデコーディング(解読)、ブレインマシンインターフェイス等への応用についても紹介します。



北城圭一ユニットリーダーってどんな人??聞いてみました!!

 



ラボ訪問のテーマ

甘利俊一:数理脳科学チーム 甘利 俊一:脳数理研究チーム
テーマ:脳と人工知能― 数理で考える脳と人工知能: 数理脳科学とは何か?人工知能は脳に何を学んだか?
キーワード:学習する脳、意識と心、人工知能の将来
趣味:囲碁、スキー、テニス
80になってもテニスやスキーをやっているので、少々狂っているのかもしれません。
脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす
山川和弘:神経遺伝研究チーム 山川 和弘:神経遺伝研究チーム
テーマ:てんかん・自閉症・知的障害・ダウン症、脳の病気はどうしておこるの?遺伝するの?子供を生む時の親の年齢と関係はあるの?治せないの?
キーワード:遺伝、遺伝子、疾患マウスモデル
好きな映画:天空の城ラピュタ、ルパン三世カリオストロの城(宮崎作品いいよね^ー^)
谷藤 学:脳統合機能研究チーム 谷藤 学:脳統合機能研究チーム
テーマ:モノを見るための脳の仕組みー君が見ている世界は、本当にそこにあるのだろうか?ー
キーワード:マトリックス、攻殻機動隊、錯視、錯覚、ベイズの定理、おばあさん細胞、ディープラーニング
好きな映画:攻殻機動隊、ショコラの見た世界(DVD買いたい!)、ニュー・シネマパラダイス(DVD持ってます!)
Peter Jurica:脳信号処理研究チーム Peter Jurica:脳信号処理研究チーム
Theme:Introduction to Brain-Computer Interface and Human-Robot Interaction
Measurement of brain activity and computational tools enable communication of human thoughts and emotions to machines, robots or other brains.
We use EEG and other modern sensors to find new ways machines and humans can communicate.
Keywords: brain computer interface, human-robot interaction, EEG, emotions
Favorite books/movies:
The Theory of Everything(博士と彼女のセオリー)
Inside out (インサイド・ヘッド)
The Martian (Andy Weir著)(オデッセイ)
小島 寛人:記憶メカニズム研究チーム 小島 寛人:記憶メカニズム研究チーム
テーマ:記憶がどのように脳内に保存されるのか、そのメカニズムを明らかにする
キーワード:記憶、ニューロン、樹状突起スパイン、シナプス可塑性
好きな映画:風立ちぬ、千と千尋の神隠し、The Butterfly Effect(バタフライ・エフェクト)
大芦 典子:神経成長機構研究チーム 大芦 典子:神経成長機構研究チーム
テーマ:神経細胞が突起を伸ばして連絡網を作る仕組み
キーワード:軸索、成長円錐、ガイダンス分子
好きな映画
サマーウォーズ、千と千尋の神隠し、ウォーターボーイズ
他にもいくつかあって悩みましたが、何度観ても楽しい映画を選びました。
大村菜美:親和性社会行動研究チーム 大村 菜美:親和性社会行動研究チーム
テーマ:哺乳類の親子のきずなをつくる子の愛着行動とは?愛着行動を脳から理解する
キーワード:親子関係、愛着行動、輸送反応
好きな映画:となりのトトロ、もののけ姫
米田泰輔:局所神経回路研究チーム 米田 泰輔:局所神経回路研究チーム
テーマ: 新しい技術を使って複雑な脳の中から重要な回路を探し出す研究を紹介します
キーワード: イメージング、光神経操作、大脳皮質
好きな映画:紅の豚、八つ墓村

見学希望の研究室を申し込みフォームから選んで頂けます。
但し、ご希望に添えない場合もありますのであらかじめご了承下さい。



  • まだあまり習っていない内容でしたが、専門的なことをうかがえてとても面白かったです。よく、高校生向けのイベントだと基本的なことしか話してもらえないので、とても良かったです。
  • シナプスがどのように働いているのか、また脳の中でどのようにして情報が伝達されているのかわかってよかった。
  • 自分が思っていたよりも様々な学問分野が集まって研究をしているのが、とても印象に残った。
  • 今まで、自分は生物ができる方だと思っていた部分があったが、今日のイベントで、知らないことが多くあることに気がつけた。もっと科学を勉強する意欲がわいた。
  • 赤ちゃんを抱いて移動すると泣き止むことは、人も動物もマウスも共通なのだということが面白かった。
  • たくさんの機械が並んでいるところが工学っぽい!
  • 基本的な事から少し難しいところまで、丁寧に教えてくださったので、理解することができました。楽しかったです。
  • 講義の後に研究室が見れて良かった。実験に必要な様々な器具や施設を見れて、また、研究している人も見ることができてよかった。
  • 記憶について、海馬の役割についてよく分かりました。また、ネズミを使った実験を見たのは印象に残りました。
  • iPS細胞を見ることができたこと。うつ病は脳細胞の異変や遺伝によるものだということを初めて知りました。
  • 合田先生がトロント大学在学中に、有機化学が楽しかった、と話されていて、これからの高校の化学の授業や、大学で学ぶであろう化学に興味がわいてきた。
  • 細胞を一種類だけ集める機械の仕組みと、GFPを利用し、顕微鏡で観察をしたり、見れたりでき、印象に深く残った。
  • 工学部や物理学科での事が研究に役立つのは意外でした。神経変性などで起こる病気のことに興味があったのでとても楽しかったです。
  • 英語で研究の内容を聞いたのは初めてだったので、少し難しかったです。ゆっくりと話してくださったので、所々理解しながら見学できました。とても興味深かったです。
  • 赤ちゃんが抱っこして歩くと泣き止むということを知らなかった。マウスをつまみあげると、足があがって可愛かった。
  • 人の脳の働きというのは神秘的で不思議だ。そして、脳を解明するといってもただ特殊な装置を使って実験するだけでなく、動物の行動を観察したりなど、実験方法は多様化しているのだと知った。人々を直接的に助け、役立つ仕事は世の中にあふれかえっている。しかし私達は実験の重要性に気づいていない。人々を間接的に助け、役立つ仕事、それが研究することだと思った。


お申し込みの受付は終了いたしました。
たくさんの応募ありがとうございました。