RIKEN BRAIN SCIENCE INSTITUTE (理研BSI)

Faculty Detail / 研究室詳細

神経膜機能研究チーム

チームリーダー

Glucose-based lipid biology in nervous systems

平林  義雄

研究内容

高次機能の中枢をなす神経細胞と非神経細胞であるグリア細胞とのダイナミックな相互作用を分子レベルで理解することは、神経細胞の発生分化のみならず、可塑性や生存維持機構を知る上で極めて重要です。我々は、海馬ニューロンやプルキンエ細胞の中枢神経細胞の生存維持と樹状突起などの形態形成は、アストロサイトが積極的に取り込んだグルコースを代謝変換し細胞外へ放出するL体セリンに依存していることを発見しました。グリア由来L-セリンによるこの新たなニューロン・グリア代謝的相互作用を分子・遺伝子レベルで明らかにしてきました。更に、神経細胞に取り込まれたL-セリンは、細胞膜ミクロドメイン"脂質ラフト"の重要構成成分であるスフィンゴ脂質などの脂質合成に利用されます。スフィンゴ脂質合成、およびグルコース含有糖脂質合成の鍵を握るグルコシルセラミド合成酵素の遺伝子を使い、神経系の生体膜におけるスフィンゴ脂質の機能解析を進めています。最近、脂質ラフトに存在する新しいグルコース化糖脂質を発見しました。この新奇糖脂質は、神経幹細胞やラジアルグリアに発現しアストログリア系への細胞分化に関わっていることを見出しました。また、その代謝産物であるリゾ体糖脂質は、神経回路形成に関わる生理活性脂質であることも分かってきました。謎に包まれた新しいグルコース化糖脂質の生物機能の解明を推進します。又、脂質ラフトの構成成分の中で、進化的に保存されているが機能不明の7回膜貫通型の糖タンパク質(Gprc/BOSS)の生物機能の解明に取り組んでいます。ショウジョウバエとマウスを使った個体レベルでの解析から、この糖タンパク質はエネルギー代謝ホメオスタシの維持機構にわっている事を見出しています。脂質ラフトの研究を糸口に、脳を含めた臓器間の代謝ネットワークで支えられているエネルギーホメオスタシスの複雑な機構の一端を明らかにしていきます。

主な発表論文 全て表示する

  1. 1

    Guy AT, Nagatsuka Y, Ooashi N, Inoue M, Nakata A, Greimel P, Inoue A, Nabetani T, Murayama A, Ohta K, Ito Y, Aoki J, Hirabayashi Y*, and Kamiguchi H* (*co-corresponding authors ): "NEURONAL DEVELOPMENT. Glycerophospholipid regulation of modality-specific sensory axon guidance in the spinal cord", Science, 349(6251):974-977, - Research Highlight in Nature Reviews Neuroscience (doi: 10.1038/nrn4035); Recommended in F1000 Prime (Highly Accessed) (2015)

  2. 2

    Ishibashi Y, and Hirabayashi Y: "AMP-activated Protein Kinase Suppresses Biosynthesis of Glucosylceramide by Reducing Intracellular Sugar Nucleotides.", J Biol Chem 2015 Jul 17;290(29), 18245-60 (2015)

  3. 3

    Kumagai A, Ando R, Miyatake H, Greimel P, Kobayashi T, Hirabayashi Y, Shimogori T, and Miyawaki A. : "Abilirubin-inducible fluorescent protein from eel muscle", Cell, 153(7), 1602-1611 (2013)

  4. 4

    Kim YJ, Sano T, Nabetani T, Asano Y, and Hirabayashi Y: "GPRC5B Activates Obesity-Associated Inflammatory Signaling in Adipocytes.", Sci Signal, 5(251) (2012)

  5. 5

    Kohyama-Koganeya A, Kim YJ, Miura M, and Hirabayashi Y: "A Drosophila orphan G protein-coupled receptor BOSS functions as a glucose-responding receptor: loss of boss causes abnormal energy metabolism.", Proc Natl Acad Sci U S A, 105(40), 15328-33 (2008)

  6. 6

    Nagatsuka Y, Hara-Yokoyama M, Kasama T, Takekoshi M, Maeda F, Ihara S, Fujiwara S, Ohshima E, Ishii K, Kobayashi T, Shimizu K, and Hirabayashi Y: "Carbohydrate-dependent signaling from the phosphatidylglucoside-based microdomain induces granulocytic differentiation of HL60 cells.", Proc Natl Acad Sci U S A, 100, 7454-7459 (2003)

  7. 7

    Furuya S, Tabata T, Mitoma J, Yamada K, Yamasaki M, Makino A, Yamamoto T, Watanabe M, Kano M, and Hirabayashi Y.: "L-serine and glycine serve as major astroglia-derived trophic factors for cerebellar Purkinje neurons.", Proc Natl Acad Sci U S A, 97, 11528-11533 (2000)

  8. 8

    Kanamori A, Nakayama J, Fukuda MN, Stallcup WB, Sasaki K, Fukuda M, and Hirabayashi Y.: "Expression cloning and characterization of a cDNA encoding a novel membrane protein required for the formation of O-acetylated ganglioside: a putative acetyl-CoA transporter", Proc Natl Acad Sci U S A, 94, 2897-2902 (1997)

  9. 9

    Ichikawa S, Sakiyama H, Suzuki G, Hidari KI, and Hirabayashi Y.: "Expression cloning of a cDNA for human ceramide glucosyltransferase that catalyzes the first glycosylation step of glycosphingolipid synthesis", Proc Natl Acad Sci U S A, 93, 4638-4643 (1996)

  10. 10

    Ichikawa S, Nakajo N, Sakiyama H, and Hirabayashi Y.: "A mouse B16 melanoma mutant deficient in glycolipids", Proc Natl Acad Sci U S A , 91, 2703-2707 (1994)

プレスリリース 全て表示する