RIKEN BRAIN SCIENCE INSTITUTE (理研BSI)

Faculty Detail / 研究室詳細

知覚神経回路機構研究チーム

チームリーダー

Sensory processing, Perception

風間  北斗

研究内容

我々は、絶えず外界から獲得する感覚情報に基づいて思考し、判断を下し、行動します。例えば、好物の匂いを感じれば歩みを進め、懐かしい匂いに遭遇すれば暫し過去を回想し、腐敗物の匂いを感じれば回避します。しかしながら、知覚を生み出す神経のメカニズムはまだ良く分かっていません。当研究チームは、感覚器官から得られた情報がどのように処理されることによって知覚が形成され、それが経験や環境によってどのように変化するのかを理解することを目指します。

この目標を達成するために、様々な利点を備えたショウジョウバエをモデル動物として用います。脳を構成する神経細胞の数が少ないので、多くの細胞を同定し、調べることができます。電気生理やイメージングの手法を用いて、生きた個体内において、感覚刺激に対する神経細胞の応答を記録できます。遺伝学を用いて、細胞を標識するだけでなく、その活動を変化させられます。一方では、感覚入力を精確に制御できる仮想空間において動物の行動を追跡する技術を用いて、間接的に動物の知覚を読み取れます。これらのデータを組み合わせて神経活動と行動の関係性を表す数理モデルを構築し、脳が行う情報処理を明らかにします。更に、知覚を支える神経メカニズムを、細胞、シナプス、回路レベルで理解することを目指します。

主な発表論文 全て表示する

  1. 1

    Inada K, Tsuchimoto Y, and Kazama H: "Origins of cell-type-specific olfactory processing in the Drosophila mushroom body circuit.", Neuron, 95, 357-367 (2017)

  2. 2

    Badel L, Ohta K, Tsuchimoto Y, and Kazama H: "Decoding of context-dependent olfactory behavior in Drosophila.", Neuron, 91, 155-167 (2016)

  3. 3

    Kazama H: "Systems neuroscience in Drosophila: conceptual and technical advantages.", Neuroscience, 296, 3-14 (2015)

  4. 4

    Oizumi M, Satoh R, Kazama H, and Okada M: "Functional Differences between Global Pre- and Postsynaptic Inhibition in the Drosophila Olfactory Circuit.", Front Comput Neurosci, 6, 14 (2012)

  5. 5

    Kazama H, Yaksi E, and Wilson RI: "Cell death triggers olfactory circuit plasticity via glial signaling in Drosophila.", J Neurosci, 31(21), 7619-30 (2011)

  6. 6

    Satoh R, Oizumi M, Kazama H, and Okada M: "Mechanisms of maximum information preservation in the Drosophila antennal lobe.", PLoS One, 5(5), e10644 (2010)

  7. 7

    Kazama H, and Wilson RI: "Origins of correlated activity in an olfactory circuit.", Nat Neurosci, 12(9), 1136-44 (2009)

  8. 8

    Kazama H, and Wilson RI: "Homeostatic matching and nonlinear amplification at identified central synapses.", Neuron, 58(3), 401-13 (2008)

プレスリリース 全て表示する