RIKEN BRAIN SCIENCE INSTITUTE (理研BSI)

Faculty Detail / 研究室詳細

適応知性研究チーム

チームリーダー

Social brain function, Brain machine interface

藤井 直敬

研究内容

適応知性とは、生体が他者や環境に対して適応的に振舞うための能力を指します。これは個体-環境間、そして個体間コミュニケーションにより両者の現在の関係を理解し、そこから自己目的を達成する為の新しい関係状態を構築するための能力とも言えます。世界中のあらゆる場所で、たった今構築されている沢山の関係性、そして過去に蓄積された莫大な関係性が相互に繫がって構成された複雑なネットワークが世界を形作っています。私たちの脳はこれを自然に理解し、その中で最適な行動をとっているのです。このような関係性を主体とした認知機能という視点から脳機能を明らかにしようとするのが、本研究チームの目的です。この機能の理解は、人と人のコミュニケーションをよりスムーズにし、さらに我々の暮らしを豊かにする優しい人工システムの設計にも役立つと期待されます。

主な発表論文 全て表示する

  1. 1

    Feingold J, Desrochers TM, Fujii N, Harlan R, Tierney PL, Shimazu H, Amemori KI, and Graybiel AM: "A system for recording neural activity chronically and simultaneously from multiple cortical and subcortical regions in non-human primates.", J Neurophysiol (2012)

  2. 2

    Shimoda K, Nagasaka Y, Chao ZC, and Fujii N: "Decoding continuous three-dimensional hand trajectories from epidural electrocorticographic signals in Japanese macaques.", J Neural Eng, 9(3), 036015 (2012)

  3. 3

    Santos GS, Nagasaka Y, Fujii N, and Nakahara H: "Encoding of social state information by neuronal activities in the macaque caudate nucleus.", Soc Neurosci (2011)

  4. 4

    Combe E, and Fujii N: "Depth perception and defensive system activation in a 3-d environment.", Front Psychol, 2, 205 (2011)

  5. 5

    Chao ZC, Nagasaka Y, and Fujii N: "Long-term asynchronous decoding of arm motion using electrocorticographic signals in monkeys.", Front Neuroeng, 3, 3 (2010)

  6. 6

    Fujii N, Hihara S, Nagasaka Y, and Iriki A: "Social state representation in prefrontal cortex.", Soc Neurosci, 4(1), 73-84 (2009)

  7. 7

    Fujii N, Hihara S, and Iriki A: "Social cognition in premotor and parietal cortex.", Soc Neurosci, 3(3-4), 250-60 (2009)

  8. 8

    Fujii N, Abla D, Kudo N, Hihara S, Okanoya K, and Iriki A: "Prefrontal activity during koh-do incense discrimination.", Neurosci Res, 59(3), 257-64 (2007)

  9. 9

    Fujii N, Hihara S, and Iriki A: "Dynamic social adaptation of motion-related neurons in primate parietal cortex.", PLoS One, 2(4), e397 (2007)

プレスリリース 全て表示する